subscribe

Stay in touch

    Get information on events, new products, and skin science.
    Top

    トゥルーケア

    肌への絶対的な近さ「トゥルーケア

    私たちは、最善のケアと治療は、ホリスティックで個別的、そして肌の自然な機能に適応したものであると深く確信しています。 同時に、それはお客さまへの約束でもあります。

    私たちの肌も、みんなと同じように、個性的で特別なものです。 それは、私たちの天然のシールドです。 昼も夜も使える。 健康な肌は自ら回復・再生し、常に新しい細胞を供給してくれるので、毎日の美容に役立ちます。

    体質やライフスタイル、年齢によって、サポートが必要な場合もあります。 これを彼女の最高の形でプレゼントしたいのです。 毎日がリフレッシュ。 テクノロジーとデルモの化粧品で だから、理想的な状態に到達するのです。 それが私たちの目標です。 そのためには、慣れ親しんだ道から離れ、独自の道を歩むことが多い。 いつもそばにいる、私たちの仲間

    経験、信頼、熱意。

    私たちの方法は、トゥルーケアと呼ばれる真の治療の形です。

    皮膚は1平方センチメートルあたり約60万個の細胞を持つ、人間最大の臓器である。

    ある人は身体の境界器官に過ぎず、ある人は魂の鏡であるという。 いずれにせよ、私たちを本当に目に見える存在にし、個性を表現してくれるのは肌です。 機能的に多様な器官であるこの器官を詳しく見て、その構造を理解するには十分な理由である。

    角質は「表土」から形成され、最初はまだ代謝が活発だが、表面に出るにつれて角質を増やし、最終的に角質の鱗片として私たちの体の「屋根」を形成するためである。 表皮の古い角質は、一種の脂肪性セメント(角質層の脂質でできている)で結合しています。 このセメント物質は、まだ生きている角質細胞によって形成されています。 つまり、表皮の新陳代謝が活発な細胞ほど、天然のバリアとして機能することができるのです。 角質の量が増えれば増えるほど、表皮のケアはできなくなり、目に見える肌の構造も見苦しく、粗く、灰色になり、老けて見えるようになるのです。

    キメが細かく潤いのある肌に見えるか、血管が透けて見えるか、自然な輝きで若々しさを連想させるか、色が均一か、それが表皮の質を決定するのです。

    表皮の「表土」(基底膜)は、コーンを介して真皮と連動している。 表皮と真皮がしっかりつながっているほど良い。 真皮には、細い血管、皮脂腺を持つ毛根、汗腺、神経、結合組織などがあります。 表皮が乗っているクッションのようなものです。 真皮や結合組織の形成がうまくいけば、肌は引き締まり、ハリが出ます。

    自然な老化現象だけでなく、紫外線、汚染物質(ニコチンなど)、特定の薬物などの外的要因によって、結合組織は破壊されます。 その結果、深いシワや輪郭の崩れ、全体的な疲れが表面化するのです。

    We are Marie Earle, science realism cosmetic.
    The evidence-based science is the most complete solution to restore your skin.
    You don't have permission to register

    Reset Password